トップ

おはようこんにちはこんばんは!本のこと、アートなこと、旅のこと、サイエンスなことなどがエントロピー増大気味に散らばっている部屋へようこそ。*Chubbの別館ブログは「たびねこ」の下に案内があります。
いろんな「花咲けmee!」が出たり入ったりします♪
 
本の街ヘイ・オン・ワイで本を探す。[Richard Booth's Bookshop編]
いや、わざわざイギリスくんだりの本の街に行っておきながら、しかもその町一の古本屋さんに入っていくのに、
期待も何もないなんて・・・真っ赤なウソですね(爆)
でもね、でもね、実際にあるなんて夢にも思わなかったんですから。 コレはホントの話。
しかもまた後でビックラ、コク・・・失礼、非常に驚くなんて、ゆめゆめ思わぬことでした。
a0033234_186409.jpg
 (写真の中央は「どの町にも必ず一つある」時計台。
 その右で青い柱に水色の壁のお店がRichard Booth's Bookshop。
 左の石タイルのお店はDavidleesbooks.comという古本屋さん)

Richard Booth's Bookshopに入っていくとむっつりと黙った店員さんのいるレジ前に畳一枚分くらいのガラスケースが見えます(きっと高価な稀購本が展示されているに違いないとそばを通るだけでドキドキ)。
そして本や本や、本棚や本棚がほの暗いところまで・・・ず~っと。
図書館のように'Literature(British)'とか'Americana'などと書かれた札が背の高いスチール棚の上に取り付けられています。そうでもしないと迷子になります(当然、本が)。
大体アルファベット順に並べられているので助かりました。
私が探したいセクションは'Children's Books'と'Science Fiction'(一応'Science'も)。

運命の本は'Children's Books'にでなく'Science Fiction'にありました。
ほとんどがペーパーバックのそのセクションで'T'を追って行きます。
・・・あった、あった♪('Tolkien'を探していたのですね)
やっぱりペーパーバックが多いのですが、ハードカバーがあるのに注目して・・・その本を取り上げて・・・見返しの裏を確認・・・
やったぁ~!!

と心の中で叫びつつ素知らぬふりを続けて本をぎゅっと抱え込んで、次の本を・・・

結局その本を含め3冊持ってレジに行きました(これを多いとするか少ないとするか・・・今でも悩んでいます(苦笑))。
するとさっきは無愛想に見えた店員さんがお客さんと早口の大きな声でワイワイしゃべっているではないですか・・・!(「バタバー親父 from 『旅の仲間』」を小さくしたように見えました)
「・・・あぁ、あの方の本はですね、■階の○△セクションにありますよ。お客様がこの方面にお詳しいのであれば、●○もありますが・・・(「おぉ本当かね?」)・・・えぇ、あれはどこどこに・・・」
先客氏が「どうもありがとう」と立ち去った後、「こんにちは!」と言って本を差し出すと
「こんにちは!どこから来たのかい?」「日本です」
「どれどれ・・・ベルヌが好きなのかな?」「そちらも好きですが・・・どっちかというとこちらです」
「おぉ、どれどれ・・・(他の店員さんに)"The Silmarillion"初版をお買い上げだ!
・・・ということはキミはトールキン・マニアっていうやつかな?」とまゆを上げてニヤっとされます。「・・・そんなとこです・・・」ともぐもぐ。(ひーっ、恥ずかし~)a0033234_19205733.jpg
「じゃ、ガラスケースの中は見た?」「いえまだ見ていません」
「見るといいよ。トールキンの本があるから」「えっ、本当に?」
「今カギを開けてもらうからね」とさっき呼びかけた店員さんにカギを渡して・・・「どうもありがとうございます!」
そこにあったのは『旅の仲間』、『二つの塔』そして『王の帰還』の三冊。いずれもそのバージョンの初版でした(表紙がダークブルーで教授の描いた表紙絵が付いたAllen&Unwin社刊のもの)。
・・・確かずっと以前に面白半分で見たeB●yに出品されていたものはベージュのジャケットがかかっていたような?ということは、これはかの3,500冊とは違う・・・?それでもこの値段ですか・・・
「高いだろ?集めている人がいるからね」(このセリフは色々なところで言われました)
他にも綺麗な挿絵が入った豆本などを見させていただきました。
「どうもありがとう」と言ってお金を払おうとすると「まけとくね~」とニコニコ。
結局、午前中のほとんどはこの店でウロウロしていました。

*この記事は「本の街ヘイ・オン・ワイで丸一日(たった一日)。」の続きです。
[PR]
by chubb | 2004-08-06 17:15 | 旅の話*travel
<< 皆様、RotKのDVDは楽しま... 近代日本画壇の巨匠 横山大観展 >>


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
website
from website
trisant
from trisant
kill bill ri..
from kill bill ring..
pcs ringtones
from pcs ringtones
100 free ver..
from 100 free veriz..
free sprint ..
from free sprint ri..
download nap..
from download napst..
free rington..
from free ringtone ..
cingular wir..
from cingular wirel..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク