トップ

おはようこんにちはこんばんは!本のこと、アートなこと、旅のこと、サイエンスなことなどがエントロピー増大気味に散らばっている部屋へようこそ。*Chubbの別館ブログは「たびねこ」の下に案内があります。
いろんな「花咲けmee!」が出たり入ったりします♪
 
カテゴリ:旅の話*travel( 35 )
 
オックスブリッジ間をとぶ飛行機!?
今ラジオを聞いていたら、こんなハナシをDJさんが紹介してました。
オックスフォードとケンブリッジ間をとぶ航空会社を18歳の男の子がつくっちゃったんですって。
え~っ!?うわ~・・・すごい。

で、情報を探してみました。
☆ Telegraph|News|Plane-mad teenager launches Oxbridge air service
(Filed: 22/03/2005)

18歳のアントレプレナー、Martin Halstead(マーティン・ハルスティード、
とDJさんは発音していました)
くんの写真があります。
オックスフォードとケンブリッジの地図があり、車でどれくらいかかるか、列車ならどれくらいか、
そして飛行機ではなんと20分!という比較がわかりやすいです。
☆ Oxford Airport:Young Entrepreneur Makes Aviation History by Launching Pioneering Airline Service (Oxford, Monday 21st March)
オックスフォード空港のHPのニュース・コーナーでも取り上げられています。
4/18から飛ぶのだそうです。
オックスフォード市街と空港のあいだは、どうなっているのかしら?

☆ Alfa1 Airways Ltd.
これが、その飛行機会社のHP。£39~、とあります。

去年の春、オックスフォードに行ってから、ケンブリッジにも行ったのですが
(その様子をTravel on Tolkienでのろのろ公開中です・・・まだオックスフォード;)
そのときはオックスフォード→ロンドンを£1(正確には手数料込みで£1.5)のMegabusに乗って
ロンドンのベイカー・ストリートで降り、そこからビクトリア駅のコーチ・ステーションまで
荷物を引きつれて歩き、ふたたびネット申し込みしたFunfareの£1のコーチでケンブリッジに行く、
ということをしたわけです。
* イギリスで一人旅 (旅情報の調べ方)
(↑ 以前の記事です、もしよければ参考にしてください)
なぜにこんな、手間なことをしたのかというと、オックスフォードとケンブリッジ間に列車もなければ、
コーチが一日に数本しか走っていないし、ネット申し込みには特価のサービスもない。
・・・そんなわけで、「ま、ロンドン観光も数時間くらいできるから」と、上のような手段をとりました。
一気に時間短縮ですね!(でも料金が£2.5では済みませんけどね・・・)
[PR]
by chubb | 2005-03-24 13:02 | 旅の話*travel
 
こうさぎ設置し直し&ストラトフォードを脱出
a0033234_174195.jpg別館の旅系&LotR系ブログ「Travel on Tolkien」を
時々更新しているのですが、時々なので一向に進みません・・・

しかも今取りかかっているのが5月の旅日記なので
半年以上前の記憶を引っ張り出してきています(^^;;。
そんなこんなで、一日の出来事を二日に分けて 考えていたことが判明!(爆)
訂正しなおしました。申し訳ございません。
いや、それにしても去年の5/17、歩いた距離はいったいどれくらいになるんでしょうか・・・?
バスに乗って移動したりしてたので、それほどでもないんでしょうかね。

でもとうとう・・・!
ストラトフォード・アポン・エイヴォンから抜け出しました!
というわけで次回に更新するときはオックスフォードからです♪
(ちょっと肩の荷が下りた気分です^^)

それから、昨日2/14から「ブログペットこうさぎ」の設置方法が変わってしまい、
「USER DATE LOAD ERROR」と出てしまうので、はてどうしたことか・・・と思っていると、
バグがいっぱいバグブログ」さんで、
こうさぎのexciteブログでの設定方法が変わりました
という記事で設置の仕方が紹介されていました!
お蔭様で、「まるもっち」もハート型のチョコレートをもらったみたいです☆
(これはブログペットさんからかしら?)
こうして、技術的な面を教えていただくとは、とてもありがたいことです♪
[PR]
by chubb | 2005-02-15 01:30 | 旅の話*travel
 
ストラトフォード・アポン・エイヴォンの旅行記
Travel on Tolkienで、ストラトフォード・アポン・エイヴォンの旅行記をアップしています。
ストラトフォード・アポン・エイヴォンはシェイクスピアの故郷とされているところです。
シェイクスピアの作品については、チャールズ・ラムの少年少女向けのものしか
読んだことしかないという程度なので、全く詳しくありません。
シェイクスピア物語
チャールズ ラム メアリ ラム Charles Lamb Mary Lamb 矢川 澄子 / 岩波書店
ISBN : 4001145464

もし良ければご覧下さいませ。
a0033234_23483836.jpg
やれやれ、今年中に終わりそうにないですねぇ・・・(苦笑)。
[PR]
by chubb | 2004-12-28 23:49 | 旅の話*travel
 
【ならまち】お土産・おみやげ♪
積ん読帳」の「ならまち本屋めぐり」でのお土産はコチラ!
a0033234_23562100.jpg
そして食べられるお土産はコチラ!
a0033234_23585124.jpga0033234_23595829.jpg
南海 近鉄 布施駅で途中下車しても買う
(紫晶さん、ありがとうございます!間違えているのに気が付きませんでした・・・)、
モモヤさんの大きな栗饅頭と三笠(あじろの里)です。
大きな栗がゴロンと、あっさりとした甘さの白アンの中に入っている栗饅頭。
そして、やはり栗つぶてが、た~くさん入っている、つぶアンの三笠。
三笠は、おそらく三笠山がなだらかなカタチをしているところから付いた名前だと思います。
・・・関東ではドラ焼きでしょうか?
紙袋に「桃源郷」ならぬ「桃源菓境」と書いてあります(笑)。

他にも奈良では、東向商店街(ひがしむきしょうてんがい、だそうです。
Isfilithさん、ありがとうございました!)にある「山崎屋」さんで、奈良漬を買います。
南都銀行のお向かいにある、老舗の漬物屋さんです。
[PR]
by chubb | 2004-11-27 23:58 | 旅の話*travel
 
【ならまち】レトロな街
たとえば、こんな自動販売機。
赤いコーティングが、風雨にさらされて薄れてきています。
a0033234_1421282.jpg
そして骨董屋さんも。
かわいいネコさんの看板が電柱に。
a0033234_1443492.jpg

[PR]
by chubb | 2004-11-27 01:45 | 旅の話*travel
 
【ならまち】ならまち界隈
ならまちまで、やってきました。
石の道しるべには、「下御門跡 右 こうしんどう  左 もちいどの」と書いてあって、
さるぼぼ(身代わり猿)が飾りで付いています(赤が薄れているので分かりにくいかしら?)。
a0033234_23134050.jpg
鹿の彫刻に出会いました。
・・・そういえば、今回の奈良では鹿に全く会いませんでした!
こんなことは初めてです。
a0033234_23161516.jpg
そしてこちらがマンホールの鹿と吉野桜。
a0033234_23313131.jpg
路地裏から発見、有明のお月様。
a0033234_23324945.jpg
さぁ、ならまちに到着。

a0033234_23341838.jpg

[PR]
by chubb | 2004-11-25 23:27 | 旅の話*travel
 
【ならまち】お昼間と夕方の興福寺
ならまちへこれから行ってきます~、と五重塔に振り返ってご報告。
a0033234_2335489.jpg
猿沢池で日向ぼっこ中の亀さんたちにも「行ってきます」。
a0033234_2361342.jpg
ならまちへ行った帰り道、興福寺の五重塔にお月様が出ていました。
a0033234_231774.jpg

[PR]
by chubb | 2004-11-24 23:06 | 旅の話*travel
 
【ならまち】猿沢池の夕焼け
a0033234_22443835.jpg
こんな時、この場所に来ることができてよかった・・・と
ちょっぴり感動してしまった夕焼けです。

ちなみにこの池近くの交番・・・>
[PR]
by chubb | 2004-11-24 22:52 | 旅の話*travel
 
宍道湖
a0033234_1954879.jpga0033234_1955316.jpg
『怪談』で有名なラフィカディオ・ハーン、小泉八雲は
松江中学の外国語の教師が日本に着いて最初の仕事だったそうです。
元々日本に興味を持っていたハーンが、わずか1年3ヶ月滞在したこの地で受けた影響は
非常に大きなものでした。
まずこの地で罹った肺炎の看病をしてくれた小泉 節と結婚したこと。
そして来日するまで読みふけっていた「古事記」より他の、
出雲神話やこの地方の伝説・民謡を知って、さらに収集・研究するようになったこと。
「八雲」という帰化名はセツ夫人の親戚が「古事記」の最初に出てくる和歌、
「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣に」
から引いて、付けたものだそうです。
a0033234_19555492.jpg

『怪談』で最も有名なものの一つ、「耳なし芳一」の像です。
乗っていたバスから、そばを通り過ぎるときに慌てて撮りました。
怪談・奇談
小泉 八雲 平川 祐弘 / 講談社
ISBN : 406158930X
[PR]
by chubb | 2004-10-17 21:06 | 旅の話*travel
 
屋島と高松城跡へ
金毘羅さん参りの後、高松築港から屋島を見に行きました。
a0033234_23274072.jpg


高松市のマンホールが
那須与一しています。
a0033234_11231755.jpg


あれ?
マンホールとは
屋島の向きが逆ですか??
・・・不思議です。
a0033234_2333419.jpg
高松城の跡にも行ってみました。
右側にある屋根付きの橋のことを「鞘橋」とよぶそうです。

[PR]
by chubb | 2004-10-14 23:34 | 旅の話*travel


S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
website
from website
trisant
from trisant
kill bill ri..
from kill bill ring..
pcs ringtones
from pcs ringtones
100 free ver..
from 100 free veriz..
free sprint ..
from free sprint ri..
download nap..
from download napst..
free rington..
from free ringtone ..
cingular wir..
from cingular wirel..
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
関連リンク